こころ
人にやさしくするゆうき

人にやさしくするゆうき

(らくなままの娘が書いた文章のまま記載)

人にやさしくするといいことがいっぱいあったり

人もまねをしてみんながやさしくする。

するとへいわなせかいになる。

でも、たまに人にやさしくできないときがある。

というときわ、あ、わたし いけなかったなと

おもったら、すぐ、ごめん!というと みんながへいわになる。

・・・・・・・・・・・・・・・

これは、7歳の娘が、私のブログ姿を真似して、突然書いてくれたものです。

正直驚きました。

7歳にしてこんなことを感じていて、それを文章にできるなんて。

頭が下がる思いです。(多少の日本語の誤りは別にしても。)

金子みすゞさんの「こだまでしょうか」を彷彿とさせます。

やはり、実際の年齢ではない、「魂(心)の年齢」というものはあるんだなぁと確信する出来事でした。

あなたはこの文章をみて何か感じるものがありますか?

私は、「いつでも謙虚であれ」というメッセージに感じました。

「傲慢さ」が人や組織を滅ぼすと思っている私にとっては、

「謙虚である」ということは、生きていく上で大切にしたいことの一つです。

思い返せば、学生時代に取り組んでいたスポーツで、優秀な成績を収めたときほど、

恩師からは、「常に謙虚であれ、そして、周りに感謝しなさい」と

常々教えていただいておりました。

人にやさしくするゆうき

今回は、子どもから学びをもらったお話でした。

ママの毎日を,もっと楽に!もっと楽しく!

貴重なお時間をつかって,最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA