からだ
アラフォーから始める運動!

アラフォーから始める運動!

こんにちは、らくなままです。

いつも、らくなままの気楽なブログを

ご覧くださってありがとうございます!

以前、運動後のありのままの後ろ姿の写真を投稿してから、

また、あっという間に1か月が経ちました~。早いですね~。

2020年12月からスタートした運動(ジャザサイズ)。

私は、週3回のペースで継続していますが、

何より「楽しめている」のが、継続できている一番の大きな理由だと感じています。

今まで、三日坊主だったランニングやウォーキングとは、まるで違う。

やっぱり、「自分にとって楽しいと感じる運動」を見つけられるといいですね。

楽しさの感じ方は人それぞれですからね。

さて、毎月恒例~♪(?)

1か月の変化を、恥ずかしながら、ありのままに比べてみたいと思います!

「ありのまま」というのも大事ですね。

あえて、体のラインがしっかり出るウェアを着て撮影しています。

飾らない、隠さない、誤魔化さない。

ゴールデンウィークに多少のグータラ生活をしたせいか(?)

1か月前と比べて大きな変化が無いように見受けられますが、

それでも2020年12月に比べたら、雲泥の差でしょう。

いつも写真を見て思うのですが、

背面って、特に誤魔化せないですね~(笑)

運動を継続しているかどうかが、体のラインによく出ていると思います。

ジャザサイズにいらっしゃる、私よりも明らかに年上の女性の方ですが、

本当に背面がお美しいんですよ・・・!!

お尻もきゅっと締まっていて、背中に無駄な贅肉がない!!

私もいつかあんな風になりたい!!

だったら、地道に継続して運動を頑張るしかないね~

といつも自分に言い聞かせています。

さて、話は変わりますが、

実は、運動って、体の見た目だけではなく、「健康寿命」にも大きく関わっているそうなのです。

「LIFE SPAN 老いなき世界」

デビット・A・シンクレア/マシュー・D・ラプラント著

梶山あゆみ訳

この本をご存知でしょうか?

著者であるデビット・A・シンクレア氏は、著書の中で「老化は病気」だと断言し、「治療できる病」だと言っています。

本文中に、「老化を防ぐ方法」について、いくつかの方法が書かれているのですが、

そのうちのひとつが、やはり、

●適度な運動をする

ということなんですね。

しかも、その理由が、俗にいう「血行や筋肉の増強」にあるのではなく、「細胞レベル」で良いというもので、頻繁に運動をする人ほど、血液細胞のテロメアが長く、それが老いに関係しているそうなのです。

著者がいうには、理想の運動強度は、研究の結果、「高強度インターバルトレーニング」=心拍数や呼吸数が著しく上昇する運動であり、これこそが「老化に対する体の防御反応を活性化させてくれる(本文から引用)」とのこと。

わたしも、インターバルトレーニング法がどんなものかは知っていますが、

あれ、かなりしんどいんですよ~

猛ダッシュを何度も繰り返すイメージ・・・

それを毎日するなんて私には心が折れて無理だわ・・・

でも、そんな私にも朗報が!

本書で紹介されている研究の中で、「軽くランニングするだけの人でも、走る習慣のない人より数年長く生きた」という結果が出ているそうなのです。

やっぱり、

何もしないよりは、したほうが、はるかにいい、

ってことですね。

著者も言っているのですが、一番大事なことは、

単に「寿命を延ばす」ことではなくて、「健康寿命を延ばす」ということです。

この考えに、とても共感しています。

歳を重ねても、できる限り健康的な体を維持して、楽で楽しい毎日を過ごしたいですからね。

歳を重ねてもイキイキした毎日を過ごすためには、

できれば息が上がる高強度で、

できないなら低強度でもいいから、

とにかく運動を継続して、

「今のうちから老いないことが大事」

このことを再認識したので、

今日も楽しくがんばろうと思います♡

ママの毎日をもっと楽に!もっと楽しく!

最後までご覧くださってありがとうございます!

またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA