季節の習わし
【5月】いちごの収穫

【5月】いちごの収穫

毎年5月になると、家の小さな畑でいちごが収穫できる。

私も全く知らなかったのだが、

いちごは一度植えてそのままにしておけば、特に手入れをしなくても、毎年5月頃に実がなるので、畑初心者にもおススメの植物だと思っている。

我が家のいちごは、小さくても、甘くて美味しいので、だいたい、私か子どもか、ダンゴムシのうちの、だれかが食べる。

もちろん、食べたもん勝ちだ。

いちごの実がなると、地面について傷んだり、ダンゴムシに全部食べられたりするので、私は毎年試行錯誤を繰り返している。

過去には、地面にビニールを敷いてみたり、割りばしを使っていちごの実を高くしてみたり、思いついたことを色々とやってみたが、しっくりこない。

う~ん。

今年4月には、観葉植物用のヤシの繊維を敷いてみた。

見た目に可愛いし、これなら土に直接つかないからいいかも!うまくいくかなぁ・・・。

そうして、5月中旬!

気づいたころには、あいにく、いちごの実が地べたについていて、ダンゴムシにしっかり食べられていた。

ちっくしょ~。

よし、今度は、根っこごと鉢植に移し替えてみよう!

これなら、高さがあるから、ダンゴムシも登ってこれないよね?

今度こそ、私が、美味しいいちごを、ぱくっと頬張れますように~♡

こうやって、何度も何度もしっくりくるまで、試行錯誤を繰り返すらくなままでした^^

ちなみに、植物を育てることは、

幸せを感じる上で大切な脳内物質のひとつである「オキシトシン的幸福」を得られるものなんだって~!

だから、畑をしたら、癒される感じがするんやな~。なるほど!

過去の私は、植物を育てるのがとても苦手で、すぐに枯らしてしまうタイプの人間だったけど、

何度もやっていくうちに、少しずつ上手に育てられるようになってきたよ~。

何でも挑戦だね^^

※畑については、カテゴリー「子育て(季節のならわし)」に保存します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA