からだ
心と体の操縦士

心と体の操縦士

こんにちは、らくなままです。

ふだんから、「幸せ」を感じておくために、欠かせない要素は、

「心と体の健康」なのですが、

なかなかそのことに毎日感謝をし続けるということは難しく、

「心と体の健康」を失ってみて初めて、その大切さに気付かされます。

この「心と体」を操っているのは、

まぎれもなく「私(あなた)」であって、他の何者でもありません。

「私(あなた)」という人間こそが、

私(あなた)の「心の操縦士」でもあり、「体の操縦士」でもある、ということです。

心や体の「アクセル」を踏み続けると、メーターが振り切れて、いずれ壊れてしまいます。

程良いところで、「ブレーキ」を踏まなければならないのですが、

時間に追われると、つい「ブレーキ」を踏み忘れてしまうことがあります。

「心のメーター」が壊れる前は、こんな症状が起こります。

○わけもなくイライラする

○不安でいっぱい

○悲しい、辛い、苦しい

○やる気がおきない

○仕事に行くのが億劫

○誰にも会いたくない

こんな症状が起きたら、上手に「ブレーキ」を踏みましょう。

○ゆっくり休んで労わりましょう

○好きなことをしましょう

○自然の中で過ごしましょう

「体のメーター」が壊れる前は、こんな症状が出ます。

○体がダルくて疲れる

○体に痛みを感じる(肩、首、頭、目、腰、足など)

○呼吸がしにくい

こんな症状が出てきたら、上手に「ブレーキ」を踏みましょう。

○ゆっくり休んで労わりましょう

○整体やマッサージに行きましょう

○ストレッチや軽い運動をしましょう

要するに、心と体が壊れる前の異変に、いち早く気づき、

ブレーキを踏んで、メンテナンスをしてあげられるのは、「私(あなた)」しかいないのです。

私(あなた)を客観的に観察するクセをつけて、

壊れる前に、しっかりメンテナンスをすれば、

「心と体の健康」を保つことができて、いつも「幸せ」でいられる、ということです。

何を隠そう、私自身が、「心と体を操る」ことがとても苦手な人間なのです。

いつもアクセル全開、踏みっぱなしで、心と体が疲れて、気づいたときには壊れかけている、そんな人間です。

でも、そんな失敗を何度も繰り返す中で、ようやく心と体を上手に操れるようになってきました。

心と体を操るためには、

○心と体の状態を客観視するクセをつける(自分自身をよく観察する)

○メンテナンスの方法を知る(自分自身を労わる方法を見つけておく)

と良いということが分かりました。

「私」という人間こそが、私の「心の操縦士」でもあり、「体の操縦士」でもある

そう考えて、自分自身の状態を客観視するように心がけています。

壊れてしまわないようにね。

いつも頑張るあなたにエールを♡

自分自身をたくさん労わって♡

またお会いしましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

心と体を整えてもっと楽にもっと楽しく!

ワーママこそ好きなことをして笑顔でいよう!

幸せは今ココにある。幸せを分かち合おう♡

らくなまま

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA