家事
疲れをためない!フルタイムワーママの「食事づくりの時短ワザ」

疲れをためない!フルタイムワーママの「食事づくりの時短ワザ」

こんにちは~、らくなままです。

今日は、らくなままの「食事づくりの時短ワザ」についてのお話をします。

私は、家事の中でも「食事づくり」が最も苦手です。

その理由は、「料理下手」だからというのもありますが、

なにより、「時短」という観点で、私にとって難しい課題だからです。

フルタイムワーママは、どうしても時間に追われます。

正直、食事づくりにじっくり時間をかけるわけにはいきません。

でも、食事づくりはとにかく工程が多くて時間がかかる…。

献立を決める、買い出しに行く、おかずを作る、配膳する、片付ける…。

できれば、全部省きたい…。

過去、家事全般について、時短に挑戦していた私は、

「食事づくりの全工程を省いたらラクになるかも!」と思って、

実際に「お惣菜や外食」に頼りまくった時期がありました。

最初は「やっぱりラク~!」と思ったんですけど…

最終的に感じたことは、

○家計的にも、お金が多くかかってしまう。

○肉体的にも、砂糖や塩の味付けが濃くて体に良くなさそう。

○精神的にも、私の愛情不足を感じてなんだかストレスになる。

やはり、「食事づくり」には、「お惣菜や外食」では得られない「何かがある」のだと知りました。

そこで、こういった経験を踏まえた上で、

これまでのフルタイムワーママ約8年間をかけて学んだ

らくなままの「食事づくりの時短ワザ」について、綴りたいと思います。

でも、単なる時短ワザではなく、

フルタイムワーママ約8年の経験を通して学んだ、

「心身の疲れ具合で、食事づくりを使い分ける時短ワザ」について綴ります。

つまり、

元気なときは、「がんばって時短!」

疲れたときは、「がんばらないで時短!」というワザです。

がんばり過ぎて、イライラしたら、本末転倒だからです。

ですから、ここでは、らくなままが実践している、

「お疲れレベル」に応じた「食事づくりの時短ワザ」を紹介していきますね~!^^

【お疲れレベル…★:元気なとき】

■ 日曜のうちに作り置きをしておくと平日が驚くほどラク!(土日休みの場合)

心身ともに今日は頑張れるぞ~っていうときは,日曜のうちに作り置きしておくと、平日が驚くほどラクです!

時間と心の余裕を持つことができるメリットがあります!

日曜にスーパーで1週間分の材料を買い出し,帰ってきたらそのまま料理に取り掛かり,だいたい8品前後を作り置きしておきます。料理時間は約2時間強くらいかな。

これができれば、平日はおかずを温めるだけなので、時間と心に余裕を感じることができます。

レンジでチンですが、おかず自体は自分が作ったものなので、愛情をたっぷり感じることができ、精神的にも安定します。

私が参考にしているのは、nozomiさんの「つくおき(週末まとめて作り置きレシピ)」

最大で7日間保存可能レシピもあるので、一度作り置きレシピを勉強しておくと、すごくタメになりますよ。

ただし、条件は「心身ともに元気なとき」に限りますけどね!笑(←これ、めちゃ大事)

【お疲れレベル…★★:ふつう~やや疲れぎみ】

■ 朝食は固定化でラクに!

朝食はほぼ固定化しています。

無駄に頭を使わずに出せるのでラクです。

(和食)海苔巻きおにぎり、おかず味噌汁、フルーツ

(洋食)パン、スープ、ゆでたまご、ヨーグルト&フルーツ

固定化しておけば、毎朝めちゃラクです。

■ 時短料理を知っておくとラク!

いまや、インターネットで検索すれば「時短料理レシピ」は、山ほど出てきます。

こういった「時短料理レシピ」を知っておくと、ラクですね。

フルタイムワーママである私が、これまでに作ってみて「最高の時短料理」だと思って、何度もリピートしているものだけを3品紹介しておきますね。

この3品は、「ゆでて、混ぜるだけ。」

こういう料理が、本当に、本当に、本当に、大好きです!笑

①もやしのナムル 

材料:もやし

   ★ごま油(大さじ1.5)

   ★塩(小さじ1/2)

   ★鶏がらスープの素(小2/3)

   ★すりごま(大さじ2)

作り方:もやしをゆでて、★に混ぜるだけ。

    余裕があるなら、ゆでるときにニラやニンジンを混ぜてもOK!

②枝豆サラダ

材料:冷凍えだまめ(むいてあるものがラク)

   ★塩昆布(適当)

   ★調味酢(大さじ1)

作り方:えだまめを解凍して、★に混ぜるだけ。

    しかも、清潔な容器で冷蔵庫に入れておけば、1週間程度保存可能。

③きんぴら風の和え物

材料:ごぼう(1本)

   ニンジン(1本)

   ★しょうゆ(大さじ1)

   ★調理酢(大さじ1)

   ★砂糖(大さじ1/2)

   ★白ダシ(小さじ1)

   ★すりごま(大さじ1)

作り方:ごぼうとニンジンを切って、ゆでて、★に混ぜるだけ。

    しかも、清潔な容器で冷蔵庫に入れておけば、1週間程度保存可能。

■ 冷凍食材をストックしておくとラク!

冷凍食材をストックしておくと、

材料が足りないときでも、いちいち買い物に行く手間もなく、

生モノに比べて腐りにくいので超便利!

最近はいろんな冷凍食材があって本当に便利

肉類は、小袋に分けて、平たくして冷凍します。(解凍を早くするため。)

根菜類は、お湯に入れて味噌をとけば、超時短で具沢山の味噌汁にもなります!

他には、「揚げるだけのエビフライ」とか「焼くだけのさばみりん」とか、

いざというときのお守りとして、冷凍食材を多めにストックしていますよ。

■ ネットスーパーを使うと買い物が省けてラク!

買い物に行くと、地味~に時間を取られますよね。

子どもが小さいと、抱っこしたり、ぐずったりがあるので、なお大変!

そんなときはネットスーパーを頼るという方法もあります。

「指定された時間に自宅まで持ってきてくれるもの」、

「自宅前に鍵付きで置いて行ってくれるもの」、

など、色々な種類のネットスーパーがあるので、生活スタイルに合うものを選ぶと便利です!

【お疲れレベル…★★★:疲れている日】

■ 出すだけ!それで十分!

心身ともに疲れ切っているのに、食事づくりまで全力を出していたら、経験上イライラが止まらなくなること間違いナシ!そういうときは、食事づくりは簡単に済ませて、まずは心身を回復させることを優先します。

ただ、出すだけ。

ホントにありがたい。

朝食…パン、コーンスープ、ヨーグルト、チーズ、バナナなど

夕食…「お惣菜」を買ってくるか、「外食」をして、ゆっくりさせてもらうわ~♡

以上、このような感じで、らくなままは「心身の疲れ具合で、食事づくりの時短ワザを使い分けて」います。

「食事づくり」には、「お惣菜や外食」では得られない「何かがある」と感じているので、できれば「自分で作りたい派」ですが、疲れが溜まってイライラするぐらいなら、気持ちよく「お惣菜や外食に頼る」と決めています。

一番大事なのは、

「毎日を心豊かに穏やかに過ごすこと」なので^^

らくなままが、フルタイムワーママ約8年を通して学んだことは、

「心身の疲れ具合で、食事づくりの時短ワザを使い分ける」という、このバランスの大切さでした!

今日も最後までご覧くださってありがとうございます!

またお会いしましょう~!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

心と体を整えてもっと楽にもっと楽しく!

ワーママこそ好きなことをして笑顔でいよう!

幸せは今ココにある。幸せを分かち合おう♡

らくなまま

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA