夫婦
夫にめあてのモノを買ってもらう方法♡

夫にめあてのモノを買ってもらう方法♡

こんにちは、らくなままです。

今、ほしいモノがありますか?

旦那さんにおねだりしたら買ってもらえそうですか?

私は、長い間、おねだりの方法を間違っていました。

今日は、「夫にめあてのモノを買ってもらう方法」

(正確には「買ってもらえる確率が上がる方法」)

を見つけたので、こっそり教えちゃいますね♡

それは、

(私は)○○が欲しいな~♡」

とだけ、言い放つことです。

そう、これ以外の言葉を、絶対に口にしてはいけません。

過去の私は、これに加えて、

「だから、次の誕生日に(あなたが)買ってね!」

(あなたが)デパートに行けば、買えるからね!」

などと言ってしまいがちでした。

微妙~な差ですが、実は大きな違いがあります。

それは、主語に注目してみてください。

後者は、「あなたが○○してね」というように、「相手をコントロールしている」のです。

「私」の意思表示はして構いませんが、

「あなたが○○してね」というように、

「相手」をコントロールしようとしてはダメなのです。

「私は○○が欲しいな♡」という意思表示は、どんどん口に出して言いましょう。

たとえ、すぐに買ってもらえなくても、

「言ったのにすぐに買ってもらえなかった。やっぱりうちの旦那はダメね。」とか、

そういった文句を言わないようにします。

何度も繰り返すのです。

「私は○○が欲しいな♡」と。

意外と聞いていますよ、旦那さんは。本当はあなたのことが好きだから。^^

それから、旦那さんが買ってくれたモノが、めあてのモノと違っても、

「めあてのモノと違うんだけど~!さいあく~!」とか、

そういった文句も言わないようにします。

代わりに、

笑顔で「ありがとう♡」と言って、

また次の機会に、

「私は○○が欲しいな♡」と言うようにします。

半年くらい前に、我が家で実際にあったお話です。

「新しい電波時計(腕時計)が欲しいな~♡」

私は、これだけを言い放って、じっと待っていました。

すると2カ月後に、

リボンのついた箱入りの電波時計が私の手元に届きました。

「わぁありがとう~♡」

私は心底嬉しかったし、何度もありがとうと言いました。

私たち夫婦は、結婚して10年以上。

決してずっと仲良しだったわけではありません。

過去の私は、夫に対する不満を、いつも口に出してきました。

「あれ、やってよね?!」

「これ、ちゃんとしてくれない?!」

でも、あるとき気づいたことは、

「私は、夫を変えられない」ということ。

いや、それどころか、

「私が、夫を変えようとすればするほど、私のイライラが増える」ということでした。

それ以来、

「私が変わること」に注力するようにしました。

でも、人間ですから、一朝一夕には、変わることはできません。

ですから、その日から何度も何度もトライ&エラーを繰り返しました。

すると、徐々に、「夫を変えたい」「夫に変わってほしい」と思わないようになってきました。

ラク~♪

実は、「夫にめあてのモノを買ってもらう方法」も、本質は同じです。

つまり、

無意識のうちに、「夫を変えようとすること」をやめることです。

そうすれば、めあてのモノも買ってもらえるようにもなるし、

ずっと昔の仲が良かったころの夫婦関係に、自然と戻っていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA