アウトドア子育て
夏の海を楽しむ

夏の海を楽しむ

こんにちは、らくなままです。

いよいよ、梅雨明け。本格的な夏が始まりました。

らくなままファミリーは、アウトドアが大好き。

夏になると、気軽に海に出かけます。

この日は、夕方から、

今年デビューする予定の「シュノーケリング」(=スノーケリングともいう)の事前練習をしてきました!

【シュノーケリングとは】★★★★★

シュノーケリングとは、スノーケルという呼吸ができる器具をつかって、水面や水中を泳いだり、海の中の生き物を見つけて観察を楽しんだりするマリンレジャーのひとつです。

これとよく似たスキューバダイビングは、酸素ボンベなどの特殊な器具を使うので、事前に資格を取って技術を取得しておく必要がありますが、それに比べてシュノーケリングは、資格を取る必要が無いので、気軽に楽しむことができます。

私は泳ぎが苦手なのですが、私のような泳ぎが苦手な人でも、スノーケリングベスト(ライフジャケット)を付ければ、安全に楽しむことができます。「立ち泳ぎ」ができる人なら、スノーケリングベスト(ライフジャケット)をつけなくても遊べますが、少しでも不安がある人は、準備をして楽しむことをおすすめします。

【持っていくもの】★★★★★

●スノーケル、マスク(ゴーグル)、フィン(足ヒレ)の3点セット

●スノーケリングベスト(ライフジャケット)

●ラッシュガード

●マリン用のシューズ、帽子、グローブ

●日焼け止め

●水着、タオル

●水筒

●防水バッグ(濡れたものを入れて帰る袋)

●水タンク(砂汚れを流すための水かぬるま湯)

【安全に楽しむためのらくなまま豆知識】★★★★★

どんなアウトドアでも「安全に楽しむ」ということが大事で、そのための知識は事前に調べておきます。特に海などの水の事故は毎年起こっているので、甘く考えずにしっかり対策をしておくことが大切です。安全な範囲で、夏の海をめいっぱい楽しみましょう♪

●スノーケルやマスクに海水が入っても対処できるように練習する。

 まずは器具を使いこなすことが大切。誰でも最初は初心者ですから、できるまで何度も練習します。せっかく始める子供が、「シュノーケリングって楽しくない」と思わないように、楽しみながら徐々に慣らしていくように心がけています。

●1人単独行動をしない。必ず2人以上で行動する。

 海での非常事態に対処するために、1人単独行動はしません。必ず2人以上で行動します。子供がペアなら、大人はときどき様子を見ながら、シュノーケリングを楽しみましょう。ペア行動をする大切さを、子供のうちからしっかり伝えておきます。

●波の高さ、風の強さを把握し、無理をしない。

 その日の海の高さ、風の強さを把握し、ご自身の泳力と相談して、無理はしないようにします。無理をして泳ぐと、あっという間に沖に流されてしまうことがあるので、無理は禁物です。

●日焼け対策を徹底する。

 夏の海は、たとえ曇りでも、紫外線がかなり強いので、日焼け止め対策を怠らないようにします。日焼け止めクリームはもちろん、ラッシュガード、マリン用の帽子など、使えるものは使っておきます。特に子供は、夢中になって何時間も遊泳を楽しむということがあるので、紫外線を長時間浴びることになります。怠ると、皮膚が火傷をしてしまって、夜になると熱くて寝れないということになりかねないので、日焼け止め対策は、大人も子供も怠らずにしましょう。

●暗い雲が近づいたり、雷の音がしたら、すぐに海や砂浜から退避する。

 海にも雷が落ちることがあります。過去には、実際に海にいた人に落雷した事故が起きています。黒っぽい雲が近づいてきたり、遠くで雷の音がしたりしたら、すぐに海や砂浜から離れて、安全な場所に避難しましょう。雷を甘く見てはいけません。たとえ晴れていても、雷の音が聞こえたらいつでも落ちる可能性があるようですから、すぐに退避しましょう。

●ジェットスキーや小型船の接近に注意する。

 夏の海は、シュノーケリング以外に、ジェットスキーや小型船などもレジャーを楽しんでいます。ジェットスキーや小型船に衝突すれば、大きな事故になりますので、そのような船に近づかない工夫や、居場所を分かりやすくする工夫(明るい色のスノーケリングベストを使うなど)をしましょう。

らくなままファミリーは、毎年、海には何度も行きますが、家族全員でのシュノーケリングは、今年初めて♡

どきどき♡ワクワク♡

子供たちにいろんな経験をさせつつ、家族全員で、今年の夏の海を楽しみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA