季節の習わし
【8月】ジャングル化した我が家の畑

【8月】ジャングル化した我が家の畑

こんにちは、らくなままです。

暑さ厳しい夏、いかがお過ごしでしょうか?

我が家の畑が、すごいことになっています!!

ジャングル~~~!!

真夏に2週間も放置するとすぐこんな感じになります^^;

さ、気合い入れて、草むしりしますかね~!

朝5時半から、もくもくと草むしり。

約1時間でこのとおり。

さつまいものツルは、すごいことになっていますが、

その他はだいぶんスッキリ~。

私もいい汗かいてスッキリ~。

収穫した野菜は朝ごはんにしたいと思います♡

(※ちなみに、バケモノサイズのオクラは固くて食べれません。)

畑は、私にとってたくさんのメリットがあります。

1 「今」に集中できる

畑をしている時間は、「今」に集中できます。

雑念が無くなるので、脳の疲れがとれます。

まるで瞑想をしたあとのようなスッキリ感があります。

2 汗をかける

夏に畑の手入れをすると、全身汗だくです。

運動したのと同じくらい汗をかけるので、かなりスッキリします。

畑を耕すだけでも、足腰を使うので、体力もついて一石二鳥です。

3 なにごとも経験

畑をし始めて感じるのは、

「自分で経験してみることの大切さ」です。

経験を通して、「自分のもの」にすることができます。

畑で野菜を育てることは、

天候や気温によって変わるので、

毎年必ずしも上手くいくとは限りません。

それが、奥深くて面白いところです。

それくらい、時間をかけて、自分で経験を積み、感覚を磨くことが大切です。

経験の中で、感覚が身に付いてきて、徐々に「自分のもの」になってきます。

畑に限らず、なにごとも同じですね。

4 食育になる

ある日のこと。

「お昼にソーメンが食べたい!」という娘が、

庭に出て、青じそやキューリ、モロヘイヤ、トマトを採ってきてくれました。

お陰で、野菜たっぷり&栄養たっぷりのソーメンになりました。

子供たちが、気軽に野菜を採り、そのお野菜を食べれるって、体にも心にも良い影響があるように感じます。

親としても、とても嬉しい瞬間です。

「自宅で野菜作り」に挑戦したい人を、応援したいです!

畑がなくても、プランターで育つ野菜もたくさんあります。

メリットがたくさんある自宅で野菜作り。

興味がある人は、ぜひ挑戦してみてほしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA