アウトドア子育て
アウトドア経験のほんとうの醍醐味

アウトドア経験のほんとうの醍醐味

アウトドア経験には、単なる外遊びの楽しさを超えるものがある。

先日、自宅でバーベキューしようってことになって、

子供たち(小4・小2)に、今までのアウトドア経験を生かして、

「じゃぁ火おこしお願いね」って任せることにしたんだけど、

しばらくして見に行ったら、こんな光景を目の当たりにした。

「うちわ」じゃなくて、

「タイヤの空気入れ」をつかって、火をおこしてる・・・!

たしかに「うちわ」より、たくさんの風を送れるから、早く火がおこるね・・・!

すごっ。そんなこと考えたこともなかった。

子供たちだけで火をおこせるかな~・・・なんて、いらぬ心配だったのね。

わたしの想像をはるかに超えてきた。

これがある意味、アウトドア経験のほんとうの醍醐味だと思う。

『知恵をつかって、今あるものを最大限に生かす』

これは、普段からそういう発想力をもって生活していないと、なかなか出てくるものじゃないんだよね。

だから、そういう発想をしたことに、親としての嬉しさを感じる。

あと、親として、こういう発想力を引き出すためには、

『やり方を教えて、見守る』ってことが大事なんだなって、改めて感じた。

危ないからって、いつまでも親が何でもやっていたら、

子供は学ぶチャンス(考えるチャンス)を失うってこと。

これは火おこしに限らずね。

いつまでも親が世話をやいていたら、自立できない子になっちゃうから、

「やり方を教えて、見守る」って、やっぱり大事なんだって、

私が改めて学ぶ良い機会になった。

親も、子も、成長できる、アウトドア経験。

これこそがアウトドアのほんとうの醍醐味。

私にとって、アウトドアは、そんな深い楽しみを味わえるツールのひとつといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA