こころ
ありがたい日常

ありがたい日常

秋晴れの朝。

私は、近くのお寺の納骨堂まで、歩いて出かけます。

ご先祖様に会いに行き、

静かに手を合わせて、日頃の感謝を伝えます。

「いつもありがとうございます」

私はときどき、そうやって、

近くのお寺の納骨堂まで出かけて、

日頃の感謝を伝えるようにしています。

ふだん、私たちが何気なく使っている「ありがたい」という言葉。

ある本で、こんな風に書かれていました。

「ありがたい」という言葉は、漢字で「有難い」と書きます。

つまり、「有ることが難しい」ということです。

浅見帆帆子 著『大丈夫!うまくいくから』より引用

本当にそうだなぁと思います。

私は仕事柄、人の死に直面することがあり、

生きていること自体が、当たり前ではないと、常々感じています。

年齢が若くても亡くなることはあるし、

元気だった人が突然死ぬこともある。

それほど、生きていること自体が、決して当たり前ではないのです。

ですから、私たちが「当たり前に過ごしている日常」は

「有るのが難しい」、本当に「有難い(ありがたい)こと」です。

その本当の意味が理解できれば、自然と毎日に感謝が溢れてきます。

忙しく過ぎ去ってゆく「当たり前の日常」は、実は「ありがたい日常」です。

そういう意識で、今という時間を大切に過ごしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA