こころ
幸せへの近道

幸せへの近道

こんにちは、らくなままです。

「毎日が幸せに満ち溢れている」

物事の捉え方、日々の意識を変えると、こんな風に思えるようになります。

1 無いものねだりをやめて、今あるものに目を向ける

ついつい無いものに目を向けていた私。

だから、いつまでも幸せになれなかったのです。

「もっとお金があれば、あれもこれも買えて幸せになれるのに。」

「もっと夫が家事をやってくれれば、毎日イライラしなくて済むのに。」

そんな考え方は、もちろん、子供に対しても同様でした。

「もっと勉強や運動ができれば、子供は幸せになれるのに。」

こうやって、無いものにフォーカスしていると、毎日に幸せを感じることは難しくなります。

これを、今あることに目を向けるだけで、幸せがすぐ近くにあることに気づきます。

「毎日家族そろってご飯が食べられるって、幸せ」

「子供が無事に帰ってきてくれて、ありがたい」

もうすでに、充分満たされています。

今あることに目を向けると、

毎日が幸せに満ち溢れていきました。

2 家の中で笑顔で過ごすように意識する

ついつい、夫や子供には、ブスッとした表情で接することが多かった私。

「早く〇〇しなさい!」

「なんで〇〇してくれないの?」

(※これも無いものねだりですよね。笑)

いつも怒っているのに、幸せな人なんて、なかなかいませんね。

だから、まずは、笑顔から。

特に、家の中で笑顔で過ごすことを意識してみるといいです。

家族に笑顔で接していると、

家族みんなが伸び伸び楽しそうにしているので、

毎日に幸せを感じやすくなります。

100%は無理でも、

家の中で笑顔で過ごすことを意識すると、

毎日が幸せに満ち溢れていくことに気づきます。

3 毎日に感謝する

毎日が幸せに満ち溢れていく究極の方法は、

毎日に感謝することです。

1日1個、なんでもいいので、

感謝する癖をつけます。

慣れるまでは見つかりにくいかもしれませんが、

それでも、1個以上を意識して見つけていきます。

「天気が良くて気持ちがいい、ありがとう」

「今日も家族が元気、ありがとう」

「バスの運転手さんのお陰で出かけられる、ありがとう」

「カフェの店員さんのお陰で美味しいコーヒーが飲める、ありがとう」

「仕事で社会貢献させてもらえる、ありがとう」

「今日も無事に帰ることができた、ありがとう」

「今日も温かい家がある、ありがとう」

慣れてくると何個も見つかって、

毎日が感謝と幸せに満ち溢れていきます。

この3つの方法は、とくに何もいらないので、今すぐ始められます。

始めてみたら、毎日が幸せに満ち溢れて、ほんとうに楽になっていきます。

幸せへの近道は、まず、今あるものに気づくことからです。

※睡眠、食事、運動、という体づくりの土台は、ここでも必要です。体が整っていないと、誰でも、笑顔になれないし、感謝することも難しくなります。上記がうまくできないときは、睡眠、食事、運動を見直すようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA