アウトドア子育て
子供と雪山を登ろう!(冬の登山)

子供と雪山を登ろう!(冬の登山)

こんにちは、らくなままです。

うっすらと雪が舞い散る季節。

アウトドア好きならくなままファミリーは、

登山に出かけることに。

この日は、登山2日目。

標高1300mにある山小屋に1泊した、帰りの日です。

ドアを開けて外に出ると、あたりは白銀の世界!

「わぁ雪が積もってるねぇ〜!」

ふだんから雪にあまり慣れていない私たちですが、

この日初めて、雪山を長時間歩こうとしています。

もしかしたら雪が降るかもしれない、という天気予報にそなえて、

雪山登山用アイテムを整えてはきましたが、

なんといっても、

子連れで雪山を登るのは初めての経験。

親である私もドキドキです!

でも、同時にワクワクもする・・・!

「さぁ出発しよう!」

宿泊した山小屋から駐車場までは、

大人で2時間。

子連れなら4時間程かかる見込みです。

雪が積もっているので

もしかしたら、それ以上かかるかもしれない・・・

子供(当時7歳、5歳)にとっては、長時間の道のりです。

らくなままは、

いつも「楽しい登山」を心がけるようにしています。

なぜなら、少し前まで、

私自身が山登りが大嫌いだったからです。

「やらされてやる山登り」は苦痛でしかないけれど、

「自分のペースでのんびり山登り」は、爽快で楽しい!

そのことに気づいて以来、山登りが大好きになりました。

ですから、

「山登りって、きつくて、全然楽しくな~い!」

なんてことにならないように、

できるだけ子供たちのペースで楽しく登るということを心がけているのです。

「ねぇみてみて〜!ツララがあるよ!」

「わぁ!ほんとだ!」

「見渡す限り雪だね。ずっと雪で遊べて楽しいねぇ!」

そうやって子供のテンションを上げながら、

少しずつ前に前に進んでいきます。

子供たちも、雪を投げたり、雪団子をつくったり、とにかく楽しそうです。

ただ、雪山の登山で気をつけたいのは、

「汗をかかないようにすること」。

汗をかくと、衣類が濡れて、

休憩時に少し足をとめたときに、一瞬で体が冷えてしまうからです。

それくらい、こまめな体温調節が重要になります。

もちろん、子供たちが

そのことを深く理解しているわけではないので、

ときどき「暑くない?体が冷えるから、汗かかないようにしようね」

と声をかけて気を配ります。

暑い時は、前ファスナーを開けて涼しい風を入れ、

必要に応じて脱がせることもあります。

また、寒い時は、さっと重ね着ができるように準備しておきます。

このように、

登山ウェアの基本は、

夏でも冬でもレイヤリングが重要です。(※1)

しばらく登ると、

目の前に濃いガス(=霧)が立ち込めてきました。

あっという間に、10m先も見えないほどのガスが目の前を覆います。

(こわいな~。このまま進んで本当に大丈夫かなぁ?)

内心、私はこんな風に思っているのですが、

ママである私が不安な表情を見せると、

子供たちもきっと不安になります。

だから、ここは辛抱。

もちろん、

危ない時には引き返す勇気も必要なので、

ときどき夫と相談しながら進んでいきます。

しばらくするとガスが消えて、視界が広がりました!

遠くに他の登山者が見えた時の安堵感といったら、なんともいえません。

(道合ってて良かった〜。)

ガスが消えたあとの

目の前に広がる雪景色にただただ感動を覚えます。

途中、娘(当時5歳)が

はりきって雪で遊びすぎたせいか、

指先が冷えて、元気がなくなってきました。

娘「抱っこ・・・」

子供の荷物も大人の荷物もすべて

夫婦それぞれのザックに入れて背負っていたので、

さらに子供を抱っこして歩くとなると正直キツイな。。。

ま、でも、これも想定内。

夫が安全のためにアイゼン(※2)を履き、

娘を抱っこしてくれます。

「疲れたら、代わるね」

そう言いつつも、

パパの存在のありがたさが身に染みます。

ほんとうに、ありがた~い。

途中、温かい飲み物を口に含みながら、

少しずつ前に進んでいくと、

娘も少しずつ元気に回復してきました!

あと、もうちょっとだよ!

がんばろう!

楽しもう!

ラスト、数キロメートルつづく下り道。

「もしかしたらどこかで役に立つかも?」と

家から持ってきていた「小さなソリ」が、ここで大活躍です!

(パパのアイデア!ナイスです!)

長〜い長い一本道を、

子供たちは小さなソリに乗って

キャッキャ言いながら下っていきます。

そんな子供たちの笑顔に、

私たち夫婦も、ほっと癒されながら。

「楽しかったね」

「良い経験になったね」

山道を下った駐車場の隣にある定食屋さん。

そこで食べる熱々のダゴ汁の美味しさといったら・・・!

くぅ~冷え切った身体に染みわたるぅ〜。

家族で挑戦した、初めての雪山登り。

かけがえのない大切な大切な思い出になりました。

<らくなまま豆知識>

※注1 登山のウェアの基本は「レイヤリング(重ね着)」

夏の登山ももちろんですが、冬の登山ではさらにレイヤリングの重要性が増します。寒くも暑くもないという状態を保ち、汗をかかないことが大切です。汗をかくとインナーが濡れて体が冷え、低体温症になることがあるからです。命にかかわることもあるので、注意が必要です。

◎インナーレイヤー

吸湿速乾性のあるウール素材や化繊を選ぶ。

綿やレーヨンは避ける。

私はメリノウールを上下使用。

◎ミドルレイヤー

山用の薄手のシャツ(吸湿速乾性)

フリースや薄手のダウン(保温性)

重ねて着れるものを準備する。

◎アウターレイヤー

ゴアテックスや雪山ジャケット(防水、撥水、防風、透湿性)

過去の経験上、たとえゴアテックスでも、使い込んでいくと、特に曲げ伸ばしする場所(肘部、膝部など)が劣化し、撥水機能が低下してくる。雨水等が染み込むと体が冷えるので、アウターは特にメンテナンスや更新が必要。

※注2 「アイゼン」

氷や雪で滑らないようにするための、金属製の爪がついた登山アイテム。

雪山の具合に応じたアイゼンの準備が必要。

冬の雪山登山アイテム(備忘録として)

①リュック(ザック)…防水が正解。

②登山靴…冬用のもの。撥水するもの。ゲイターをつけて正解。

③ソックス…分厚いメリノウールが良い。着替えも必須。

④アウター、グローブ(予備も)、ブーツは投資して、必ず冬用(雪用)のものを。

⑤ニット帽、ネックウォーマー(予備)で、頭や耳や首を冷やさないこと。

⑥晴れているなら、サングラスがいる。日焼け止めも。

⑦アイゼン…重たいけど、雪が積もっているなら、やっぱり必要。

⑧水筒…サーモス等に水筒に熱湯をいれていく。ペットボトルだと凍る可能性有。

⑨こまめなエネルギー補給を心がける。エネルギー不足が、低体温の原因にもなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA