アウトドア子育て
山登り(低山)を楽しむ

山登り(低山)を楽しむ

こんにちは、らくなままです。

ゴールデンウィークに入りましたね。

ここから数日間は、

らくなままファミリーが、得意&大好きなアウトドアライフについて綴ります!

自然の中で過ごすだけで、心身ともに癒される効果があるので、日々家事に育児に仕事に頑張っているワーママさんこそ、自然の力でたくさん癒されてほしいなぁと願っています!

さて、今日は「山登り」について。

山登りといっても、自宅近くにある標高300m程の低い山で、山頂まで大人で30分、子供でも50分あれば、登りきることができる、そんな気軽な山登りについて、です。

【持っていくもの】

○水

○おにぎり

○お菓子

○ハンモック

○緊急用(エマージェンシーシート、救急セット、携帯電話)

【服装】

○なるべく肌が出ない格好

○帽子(日焼け止めも)

○重ね着できる上着

○雨具の上下

子連れの山登りでは、

「いかに子供たちに山登りの楽しさを伝えるか」を私は意識していて、

子供たちの思い出が、

「疲れる〜」「山登りってキツくて楽しくな~い」とならないように工夫しています。

たとえば、

ときおり「お菓子タ〜イム!」と言って、小休止を入れながら登ったり、

途中で、面白い葉っぱや枝、可愛いお花を見つけてみんなでわいわい楽しみながら登ったりしています。

とにかく、楽しく、ゆっくり登る、ということを心がけます。

なぜなら、私自身がもともと山登りなんて、大嫌いだったから。

小学校の遠足で登った山もキツイ思い出しかないし、仕事の関係で行った山登りも本当に苦しい思い出しかなく、それくらい山登りが大の苦手でした。

でも、「自分のペースで、ゆっくり登ってみる」と、意外と爽快で楽しいってことに気づいたのです!

それを知って以来、私は山登りが本当に大好きになりました!

なので、子供たちにも「山登りって楽しいよ!」っていうことを、今のうちから伝えていきたいと考えているのです。

さて、そんなこんなで、低い山であれば、あっという間に山頂に到着!

山頂は見晴らしが良くて最高ですよ~!

低い山でも、十分達成感を味わうことができます。

それから!

らくなままファミリーの+α の楽しみ方。

少し山道を外れた人陰のないところに、ハンモックを張ります。

ここでの〜んびりゆらゆら過ごすのが、また何とも言えない心地良さ♡

子供たちとゆっくりおしゃべりをしながら、心身の疲れを癒すこともできて、とても贅沢なひとときです。

山登りは初めて!という方でも、低い山なら、ハードルも低くスタートできるのではないかと思います。子供と一緒にアウトドアライフ、楽しんでみませんか?

【らくなままの山登り豆知識】

○低い山でも、遭難又は滑落が無いわけではありません。万が一に備えて、エマージェンシーシートや救急セット、携帯電話等は必ず持っていきます。(せめて1日はその場でしのげるようにという心構えで)

○どうしても自力で脱出できないときは、明るいうちに早く助けを呼びましょう。捜索ヘリは日没までしか飛べません。

さて、次回は、日常を非日常に変える、「家族で日の出を見に行こう!夜から出かける楽しいドライブ」について綴りたいと思います。

最後までご覧くださってありがとうございます。

よい休日をお過ごしください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA