こころ
ありたい姿を求めて

ありたい姿を求めて

こんにちは、らくなままです。

やってみたい(挑戦したい)ことが見つかったけど・・・

やっぱり失敗したら恥ずかしいし、

ダメなママって思われそうだし、

夫や周りの人からも反対されそうだし・・・

こうやって、他者からの目線や評価が気になって、

結局諦めてしまうことってありますよね。

でも、最近、やってみたい(挑戦したい)ことに、

他者評価はいらないのかもしれないと思いはじめました。

それよりも、

自分の心に素直に生きた方が、

最終的には毎日を楽に楽しく過ごせる気がして。

他者からの目線や評価(他人軸)を気にしすぎると、

自分の心の声が埋もれて、

無意識のうちに「他者が求める自分」になってしまいます。

それがすべて悪いとは思いませんが、

その姿が、「自分のありたい姿」からかけ離れていくと、苦しくなっていきます。

だから、

「自分のありたい姿」=「自分軸」で生きることが大切だと思うのです。

芸術家の岡本太郎氏が自身の著書でこう述べています。

たとえ、他人にバカにされようが、けなされようが、笑われようが、自分がほんとうに生きている手ごたえを持つことが、プライドなんだ。

岡本 太郎 著「自分の中に毒を持て」P75

自分で自分の在り方がわかってやることなら、もう乗りこえているはずだ。自分自身にとっていちばん障害であり敵なのは、自分自身なんだ。その敵であり、障害の自分をよく見つめ、つかんだら、それと闘わなければいけない。

岡本 太郎 著「自分の中に毒を持て」P94

まさに、「他人軸で生きるな!」という、かなり強いメッセージに感じます。

私は、他人軸で生きることがすべて悪いとは思いません。

でも、常に「ありたい姿を求めたい」と思います。

誰になんと言われても、「これが自分のありたい姿だ」と思えれば、

他者の評価に振り回されずに、

毎日を楽に楽しく過ごせる気がするから。

※無意識のうちに他人軸で生きているときは多々ある。まずはそれに気づくことから始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA