こころ
朝のバタバタをやめる方法5選

朝のバタバタをやめる方法5選



こんにちは、らくなままです。


さてさて、私は根っからのせっかちです。笑


特に、ワーママの朝はバタバタ。

家を出る頃には、もうすでにどっと疲れていて、軽くめまいがするなんてことも、過去にはしばしばありました。


あまりにせっかちすぎると、交感神経が優位になって、自律神経が乱れてしまいます。


特に、朝からバタバタ動いてしまうと、一日中、自律神経が乱れっぱなしになるので、注意が必要です。


そんな過去の経験を踏まえて、「できるだけせっかちをやめよう」「自律神経を整えよう」と思った私が、実際にやってとても良いと感じている方法5選をお伝えしたいと思います。


特にワーママの朝は、どうしても闘いになりがちですが、この5つを意識して実践できるようになると、穏やかな朝を迎えられるようになるかもしれません!


1 時間に追われない時間に起きる

時間に追われると、焦るので、どうしても交感神経が優位になってしまいます。

穏やかな朝を迎えるために、焦らなくて良い時間に起きるようにしています。


2 朝起きたら白湯を飲む

朝起きたら、まずゆっくりと、一杯の温かい白湯を飲んで、腸を温めます。腸と自律神経は、深い関係があるようです。朝から腸を整えて、自律神経が乱れないようにしています。


3 朝日を浴びに外に出る

次に、ゆっくりと外に出ます。

朝起きてすぐに太陽の光を浴びることで、セロトニンが分泌されます。セロトニンは幸せを感じるホルモンのひとつです。特に朝起きて1時間以内に15分程度散歩をするのが良いとのこと。私は今のところ太陽の光を浴びて軽く背伸びをするだけですが、これだけで、朝から爽快な気持ちになるのは確かな事実です。


4 ゆっくり支度する

朝の時間は限られていますが、あえてゆっくり支度するよう意識します。

これが、せっかちワーママの私にとっては、本当に難しい・・・

朝ごはんの準備も、なるべくゆったりと。

自分の身支度も、なるべくゆるやかに。

そのためには、ある程度「前日の夜に準備しておく」ということが必要です。

これを意識して実践できると、交感神経を上げすぎずに、穏やかな朝を過ごすことができます。


5 朝食は固定化

朝から、迷わない、焦らない、ということが自律神経を乱さないコツ。

ですから、朝食は出すものをあらかじめ決めておき、頭を使わずにルーティンで動けるようにしておきます。


私はこのような5つの方法で、「闘いだった朝」を、「穏やかな朝」に変えることができました。


自分でも、同じ人間とは思えないくらい、変わったなぁと感じます。


私でもこんな穏やかな朝が迎えられるなんて、、、もっと早く知りたかった~!



毎朝闘いのようで疲れる!というワーママに、ぜひおすすめしたい、

「朝のバタバタをやめる5選」のお話でした♡


今日も心穏やかな1日を過ごせますように〜♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA