こころ
頑張りすぎない方が、うまくいく!

頑張りすぎない方が、うまくいく!

数年前まで、こう思っていました。

********************

「毎日、頑張らなければならない。」

「私が頑張らなければ、家は回らない。」

朝4時45分。

耳元で鳴るアラームを消して、まだ寝ていたい体を起こすためには、少しだけ気合が必要だ。

起きた瞬間から、時間との戦いが始まる。

家族分の朝食を作り、昼持参する弁当をつめて、その日食べる夕食まで作る。

フルタイム勤務の私には、とにかく時間がないので、朝のうちにできることは全てやっておく。

そうこうしているうちに、あっという間に時間が過ぎてゆく。

夫や子供たちを起こし、身支度をさせ、食器や部屋を片付けたら、

子供たちと家を出発する時間だ。

通勤バスの中では、いつも、こう思った。

「はぁ、疲れた。」

もう、一日の仕事がほとんど終わったような気分になる。

実際には、今から、本業の仕事が始まる。

年齢的にも責任のある仕事を任されるが、やりがいは感じる仕事だ。

ただし、時間管理はここでも重要になる。

子供のお迎えに間に合うためには、ダラダラと残業するわけにはいかない。

時間内に仕事をきっちりこなせるように、集中する、工夫する。

そうしている間に、あっという間に終業の時間になる。

「やっと、仕事が終わった~。」

そう思いきや、私には、もう一つの仕事が残されている。

家事と子育てだ。

子供たちを迎えに行き、朝のうちに作っておいたご飯を食べさせ、風呂に入る。

子供たちと少しだけ遊びながら、洗濯や食器の片付け、明日の準備をしていたら、

もう寝る時間がくる。

「はぁ今日が終わった~。おやすみ。」

毎日が、これの繰り返しだ。

********************

たしかに、充実はしていたんです。

テキパキこなせたら達成感があるし、楽しさも感じていました。

でも、今振り返ると、夫に対してイライラすることが多かったんです。

子供たちへの接し方にも、心の余裕があまりありませんでした。

それは、とにかく「頑張りすぎていた」からだと思います。

疲れていても、「毎日、頑張らなければならない」と思っていたし、

「私が頑張らなければ、家は回らない。」と勝手に思っていましたから。

「頑張りすぎるのって、私にも、家族にもよくないのかも!」

そう思った私は、あるときから

「頑張りすぎる」のを、やめることにしました。

具体的にどうしたかというと・・・

○朝起きたら、外で朝日を浴び、のんびり散歩しながら「あ~今日も空がきれいだ~」と感じる。

○固定化した朝食を出す。(おにぎりとみそ汁と果物等)

○お昼の弁当は作らない。(自宅から、野菜サラダ、果物、納豆、玄米にぎり、ナッツ等を持っていく。)

○食器洗いが間に合わなくても、掃除ができなくても、布団が散らかっていても、気にしない。できる範囲でやれることだけをやる。

○自分の時間を確保する。好きなことをする。

○疲れているなら、何もしない。

つまり、

「自分自身が常に心地よい状態でいること」

これを意識して心がけるようにしたのです。

そうすると、みるみるうちに、

夫へのイライラの数が減っていき、

子どもたちへの接し方にも余裕が出てくるじゃありませんか!

しかも、家もちゃんと回ってる!

いや、むしろ、私が頑張りすぎてイライラしているより、

何もせずにニコニコしている方が、家族みんなが幸せそうに過ごしてる!

「頑張りすぎない方が、うまくいく!」

これは、フルタイムワーママ歴10年で私が学んだ、大きな気づきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA