家事
「買い忘れた~!」を無くす、家事効率を上げる3つの方法

「買い忘れた~!」を無くす、家事効率を上げる3つの方法

今日はゴミ出しの日。

「あっ!ゴミ袋が無い!」

決して時間の余裕は無いのだが、

やむなくバタバタ買い物に出かける。

「そういえば、卵ももうすぐ無くなるし、洗剤も無かった気がする・・・」

そうして家に帰ると、ハッと気づく。

「あ・・・ゴミ袋買うの忘れた・・・」

本当にむなしい気持ちになる。

時間をふり絞って買い物にいったのに

今必要なものを買い忘れるなんて・・・。

「私の頭はボケている」

かつて、こう思うことがよくあった。

本当に自分が嫌になった。

私たちは、多くのことを考え過ぎている。

家事のこと、子育てのこと、仕事のこと。

頭にいっぱいいっぱい詰め込んでいる。

でも、もっと効率よくやりたいし、嫌になる気持ちを減らしたい、

そのためには、どうしたらいいんだろうか・・・

私は、次の3つの方法で、買い忘れを無くし、家事効率を上げることに成功した!

そのお陰で、今では、

「ゴミ袋がない!」というストレスや

「買い忘れた!」というストレス

がすっかりなくなったのだ。

この方法を取り入れさえすれば、

過去に私が抱えていたのと同じ悩みは、ほとんど解決できる。

「買い忘れた~!」を無くし、家事効率を上げる3つの方法は、ずばりコレだ。

1 買うものはすぐにメモ紙に書き出せ!

ふだん家事をしているときに、

ふと頭に浮かんでくることがある。

お米がもうすぐ無くなりそうね・・・

ティッシュがあと1箱になってる・・・

そういう、ふと頭に浮かんだ「買うもの」は、

すぐに「メモ紙に書き出す」。

「あとで書こう!」では、遅すぎる。

メモ紙に書き出して、いったん頭から出すことで、

覚えておく必要がないので、頭の中がスッキリする。

2 メモ紙とペンは数カ所に置け!

すぐにメモ紙に書き出そうとしたら、こんなことがある。

「メモ、メモ、メモ・・・

ペン、ペン、ペン・・・あれどこいった?」

挙句の果てに、こうなる。

「あれ、何を書こうとしていたんだっけ・・・?」

こういった、探すストレス、忘れるストレスを無くす方法がある。

それが、「メモ紙とペンを数か所に置いておく」という方法だ。

いつも、ふと買うものを思いつく場所は、だいたい決まっている。

私の場合は、

キッチンで家事をしているときや、

ソファでのんびりしているときに、

ふと買うものを思いつくことが多い。

だから、「キッチン」、「居間」、「文具入れ」の3か所にメモ紙とペンを準備している。

ポイントは、「数か所に置いておく」という点だ。

ふと思いついたその瞬間に、書き出すことができれば、

書き忘れる心配も、買い忘れる心配も、なくなる。

3 買い物するときにストックを多めに買え!

私たちには、とにかく時間の余裕がない。

今日も、明日も、買い物に行くとなると、この往復時間が無駄になる。

だから、1回の買い物で、多めに買ってストックしておくのが良い。

ゴミ袋や洗剤、ティッシュなど、腐らないものは2つ〜3つ多めに買っておく。

(※これは、災害時にも大いに役に立つ。)

生の食べ物は難しいにしても、冷凍できる食べ物なら、多めに買っておく。

そうすることで、「買い物にいく往復時間」を稼ぐことができる。

往復の10分。

ちりも積もれば山になる。

そうやって買い物の家事効率を上げるのだ。

私は、かつて、よく感じていたストレスを、この3つの方法を実践することで改善できた。

今では、

「あっ!ゴミ袋がない!」と感じることも少ないし、

「また買い忘れた~!」「自分が嫌になる・・・」と感じることもほぼない。

毎日が快適~♪

もしかすると、

「家事にストレスを感じるとき」は、

「チャンス」なのかもしれない。

毎日を快適に過ごすために

「改善できる余地がある」、

ということだから。

***********************

日々、生活をする中で、

「嫌になる瞬間って、ありますか?」

もし、そういう瞬間があったら、ぜひ教えてください^^

ちなみに私が最近感じる瞬間は、「布団を上げるとき」。

布団を上げるのが面倒だと感じるときもあるし、押し入れで湿気が取れるのかも疑問。

もし、天井に「布団つり上げバー」なるものがあったら、ラクに布団が持ち上げられるし、

しかも、「布団乾燥部屋」なるものがあれば、湿気も溜まらなくていいのに、と思ってしまう。

これから家を建てる人がいたら、こんなアイデア、どうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA