こころ
好きなことするにも心のリハビリが必要で

好きなことするにも心のリハビリが必要で

こんにちは、らくなままです。

「好きなこと・やりたい事をやっていい」

こう言われても、

正直、ピンとこなかった、過去の私。

子供が産まれて「ママ」になって以来、

毎日が子供中心の生活になっていました。

今までのように、やりたいことをやりたいときにできないなんて、ママなら当たり前。

目の前にある「やるべきことをこなす」という毎日で、

気づけば1日が終わっていました。

そんな毎日を繰り返す中で、

「私が好きなこと・やりたいこと」なんて、正直よく分からなくなっていました。

「好きなこと・やりたいことをやっていい」

そのためには、私の心のリハビリが必要だったのです。

自分の好きなことが分からない・・・。

そんな私は、まずそれらを見つけることからスタートしました。

「好きなこと・やりたいこと」ってなんだろう~?

初めはなんだか「大きな夢を見つけなきゃ」と思っていましたが、

実際はもっと気楽に、

毎日に「小さな好きなこと・やりたいこと」をやっていくことが

大切なんだと、後で知ることになりました。

日常的に「小さな好きなこと・やりたいこと」を散りばめていくことが、

一番の心のリハビリになると知ったのです。

今日、美味しい珈琲を淹れて飲んでみよう

今日は、前から欲しかった服を見に行こう

今日は、好きな雑誌を読んで過ごそう

今日は、ネイルケアをしよう

今日は、アロマの香りをかいでみよう

ふと思いついた「好きなこと・やりたいこと」を、できる限りすぐ行動にうつしていきました。

「でも、子どもがいるし・・・」とか

「だって、時間がないし・・・」とか

私の中にある心のストッパーを外して。

どうしても物理的にできそうにないときは、

すぐにメモをして、できるタイミングで行動にうつしていきました。

今振り返ってみると、

初めは、「子どもより私を優先していいのかな・・・」という罪悪感がありましたが、

少しずつ少しずつ積み重ねていくと、

「できないと決めつけていたのは、私の心だったんだ」と気がつくことができました。

それと同時に、

毎日に「小さな好きなこと・やりたいこと」を散りばめていくと、

毎日が「楽しい!ありがたい!」という気持ちに溢れていくのを感じました。

毎日が楽しくて感謝に包まれていると、

子供たちにも余裕のある心で接することができるようになったり、

夫の言動を寛容な心で受けとめられるようになったり、

そんな良い心の変化があることにも気づきました。

今となっては、

一所懸命探さないと分からなかった自分の「好きなこと・やりたいこと」が自然と湧いてくるようになって、

「やりたいことは、やるとまず決める。それから手段を考える。」

そうやって、色々なことに挑戦ができるようになってきました。

やっぱり、

「できないと決めつけていたのは、私の心だったんだ!」

まずは、日常的に小さな好きなことを散りばめていくことから始まります。

これが、一番の心のリハビリになるのです。

そうすると、毎日が楽しく感謝に満ちあふれて、

余裕ある心を取り戻すことができるようになっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA