こころ
子育ては、親育て。

子育ては、親育て。

こんにちは、らくなままです。

ここ最近、娘(8歳)が若干荒れています。

さっきまで「ママ〜♡」と甘えてきたと思いきや、急に一変、

「もぅ!!こっちに来ないで!!あっち行って!!」と態度が一瞬で変わる。

しかも、急に怒る理由が、

私には思い当たらないから、なおさら厄介なんです。

でも、こんなときでも、私の心の余裕があるうちはいいんです。

「そんなときもあるよね〜」と軽く流すことができます。

問題なのは、私の心の余裕がないとき

寝不足や日々の疲れが溜まっていると、

娘の言動に、過剰反応してしまいます。

「ちょっとその態度なんなの?!いい加減にしてよね?!」

(※心の中では、「『いい加減』ってどんな加減よ?笑」と自分ツッコミを入れているが、それでもついつい言ってしまう。)

次の瞬間から、8歳と38歳の喧嘩が始まります。

もはや一人前の「女同士のバトル」なのです!!

ひと通りバトルが終わったら、反省の念が込み上げてきます。

「なんであんなこと言ったんだろう〜。」

「・・・さっきはごめんね」

『うん、ごめんね』

私が謝るより先に、娘から手紙をもらうこともあります。

「ママごめんね、大好きだよ♡」

喧嘩はするものの、お互いに謝る心はなんとか持ち合わせているお陰で、

今のところ仲直りはできていますが、

でも、できることなら、

過剰反応して、無駄に怒るのをやめたいと、心からそう思います。

どうすればいいんだろう~?

そんな過去の経験と反省から導いたこと。

それは、まず、「ママの疲れを溜めないこと」です。

そのためには、

●寝る時間をきちんと確保する

●家事を頑張りすぎない

●好きなことをする(やりたくないならやらない)

●少しばかり運動する習慣をもつ

こういった小さなことの積み重ねで、疲れを溜めないよう努めることができます。

そうすれば、ちょっとした子どもの言動に、いちいち過剰反応せずに済むのです。

あとは、広い視野で「受けとめる」ことです。

(これはまだまだ未熟な私に足りないところなのです。)

経験上、子どものイライラは、だいたい別のところにあることが分かってきました。

●お腹がすいている

●眠たい

●もっと構ってほしい

●学校で嫌なことがあった

●もっとママに甘えたい

●習い事で我慢していることがある

子供のイライラの原因は、こういうところにあることが多いです。

そのことを理解しておくだけでも、ずいぶん対応が変わってきます。

つい先日も、急なイライラが始まったのですが、

私も心の余裕があったので、過剰反応せずに、

「ねぇ抱っこしようか?」

というと、

「・・・うん。」

と言って甘えてきました。

(「だいすきだよ~○○ちゃん♡」『○○ちゃんも、ママだいすき~♡』抱っこしただけで落ち着いたようです。)

しばらくして、よく話を聞いたら、学校で嫌なことがあったとのこと。

(※本人がよかれと思ってやったことを、先生に叱られて、納得できなかった様子。同じようなことは大人になってもある話ですね。)

言いたいことを言った娘は、スッキリした表情で、イライラもおさまっていました。

ぎゅっと抱っこをして、ありのままを「受けとめる」だけで、こんなにもお互い楽に過ごせるなんて。

やはり、過剰反応せずに、「受けとめる」ということが大切なようです。

ただ、ママの疲れを疲れが溜まっていると、

「受けとめる」ことが難しくなってきますので、

まずは、ママの疲れを溜めないことが先決です。

子育ては、親育て。

まさに、私の心の修行です。

今日も、明日も、一歩ずつでいいから、

親として、人間として、成長できるといいなぁ。

そうすれば、もっと楽に楽しく毎日を過ごすことができるようになるから。

昨晩、娘が声をかけてくれた「ひな人形なおそう~」・・・忘れるところだった!ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA