季節の習わし
春のお彼岸に思うこと

春のお彼岸に思うこと

こんにちは、らくなままです。

「春分の日」の前後7日間を春のお彼岸といい、

お墓参りにいったり、お花やぼたもち等のお供え物をします。

ご先祖様への感謝の気持ちを伝える良い機会として捉えています。

「今日」という日は、決して当たり前ではありません。

当たり前と思っている「今日」という日は、奇跡のような日です。

だから「今日」という日をかみしめて生きていきたいものです。

でも、日々忙殺されると、私たちはこのような大切なことを見失いがちになります。

夫といがみ合うよりも、思いやりの時間を大切にしたい。

子供と言い争うよりも、触れ合う時間を大切にしたい。

親に反発するよりも、感謝する時間を大切にしたい。

春のお彼岸など、季節のならわしを通して、

ご先祖様に見守られている安心感を感じたり、

生かされていることへの感謝を振り返ることができたり、

良い時間を過ごすことができます。

だからこそ、

日々忙しい中にも、

季節のならわしは、

できる範囲で丁寧にやっていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA