こころ
絶妙なタイミング

絶妙なタイミング

仕事が休みの、平日の朝。

「今日はとくに予定がないな~」

こんなことは結構珍しい。

「ひま」が嫌いな私は、だいたい予定を詰め込んでしまう。

「さて。今日は何をして過ごそうかな…」

そんなときだった。

職場のある先輩から急に連絡が入った。

「今日、時間ない?今からあじさい苑に行かない?」

先輩と連絡を取り合うのは実に2年ぶりで、しょっちゅう会っているわけではない。

なんて絶妙なタイミングなんだろう(!!)

すかさず「行きます!」と返事をする。

しかも、絶妙なタイミングは、これだけではない。

ちょうど1週間前、

母が、私に「あじさい苑のチケット」を何枚か渡してくれていたのだ。

正直、私は、「あじさい苑かぁ。行くかわかんないけど、とりあえず、財布に入れとくか…」

そう思って、財布にチケットを入れていた。

誘いを受けたのは、まさに、その「あじさい苑」だった。

流れるように、すべてがそろった。

久しぶりに会う先輩は、いつ会ってもポジティブで、常に自分の人生を楽しんでいるような女性だ。

久しぶりの会話を楽しみながら、歩くその先には、ちょうど見ごろを迎えたあじさいたちが咲き誇っていた。

空を見上げると、6月というのに、気持ちい良いくらいの青空が広がっている。

なんて幸せな一日なんだろう~。

心と体がクリアになって、喜んでいるのがよく分かる。

人生において、こういう絶妙なタイミングというのは、たまにある。

はかってもいないのに、流れるように良い方向に事が運ぶ。

この絶妙なタイミングが、人生の大きな起点になるときだってある。

こういう絶妙なタイミングを、掴むか、逃すか、どちらを選ぶかは、自分次第だ。

どちらが正解というわけではないが、一瞬で掴むこともできるし、一瞬で逃すこともできる。

経験上、これを掴むことができるときは、

○自分の感覚を大切にしているとき

○自分の気持ちに正直に生きているとき

○高くて良いエネルギーを保てているとき

○前向きに努力しているとき

こういうときが多い。

あれこれ頭で考えてから判断していると、絶妙なタイミングは掴むことができない。

疲れていたり、低いエネルギーでいたりすると、そもそも絶妙なタイミングは訪れない。

だから、人生における絶妙なタイミングがきたその瞬間に、しっかり掴めるように、

つねに心と体をクリアにして、自分の感覚に正直に生きたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA