こころ
疲れたときにやってはいけない!3つのこと

疲れたときにやってはいけない!3つのこと

こんにちは~らくなままです。

疲れたときに、ついやってしまいがちなこと、3つ。

これだけは、やらないように心がけています。

1 ジャンクフードを食べる

ついやってしまう、ハンバーガーやカップラーメンなどのジャンクフードを食べること。これをすると、消化に体力を奪われて、余計に体が疲れます。

疲れたときにこそ、栄養がある自然のものを腹8部食べるように心がけます。

2 夫や子供に期待する

夫に家事を手伝ってほしい!!

子供に早く寝てほしい!!

期待しても、結果はイライラするだけです。

イライラするとコルチゾールが分泌されて、余計にストレスが溜まってしまいます。

疲れたときにこそ、疲れていることを周りにきちんと言葉で伝えて、できることをできる範囲でやります。やりたくないことは、やりません。

3 寝る前にだらだらとスマホを見る

つい寝っ転がって、だらだらとスマホを見てしまいがちですが、スマホのブルーライトはメラトニン分泌を遅らせるので、寝れなくなります。深く寝れないので、疲労回復が遅れます。

疲れたときこそ、寝る前は脱スマホを。ぐっすり寝て、疲労回復に努めます。

疲れたときに、ついやってしまいがちなこの3つのことをやめるように心がけると、早く疲労回復できて、心も体も軽やかになりますよ♪

また、脳疲労であれば、軽い運動をすることによって、全身の血流が活性化し、疲労感が消えてなくなることもあります。

ただし、これは疲れ具合によりますので、その日の自分の心と体に耳を傾けてみるようにしています。

疲れたときには、自分を大切にすること。

これが、一番です♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA